Sidewinderについて

 サイドワインダーは左記の図を参考に装着して下さい。

 

【注意点】

●サイドワインダーに方向はありません。

サイドワインダーが水分を含んできたら、指で摘んで絞って下さい。繊維が水を吸い込んでいるのではなく、単に抱え込んでいるだけなので浮力は簡単に復活します。

●定期的にフロータント処理を行うと、より効果的です。

●フライは基本的にノンウェイトを使用して下さい。その際、必ずショットも装着して下さい。

●ショットはフライから5cm以上は離して下さい。

●太めのフック、軽いウェイトが入ったフライの場合には、ショットは付けなくてかないません。

Sidewinderのドリフト

●サイドワインダーが先行するドリフトを心掛けて下さい。

●サイドワインダーは非常に軽いため、​リーダー側に掛かるドラッグの影響をとても受けやすくなっています。

 サイドワインダーにドラッグが掛かり真横を向きそうになったら、下流側にメンディングを入れて修正して下さい。

●サイドワインダーの先端(ティペット側)が、若干(1コマ分くらい)水中に引き込まれるようなアングルが、最も理想的な負荷が掛かっている状態です。上級者の方は、この状態を目指したウエイト量、ティペット長を見つけ出してみて下さい。

●少しでも活性の高い時は、サイドワインダーは一瞬にして水中へ引き込まれてしまいます。

決して「よそ見」しないで下さい(笑)

実際のフィールドにおけるドリフト動画

 

ショット(及びフライ)が底波を捉えると

マーカーは表層の流れより、やや遅く流れるようになります。

 

ルースニングでは

この状態にいち早く「持っていく」ことが何より重要です

 

この動画でもおわかり頂けるように

このストライカーの場合、ショット(及びフライ)が底波に入ると

自然と縦向き(直列)に変わりますから

ルースニング初心者の方でも、この重要なタイミングをとても掴みやすくなっています。

ほぼ止水に近い状態でのストライク動画
【音量に気を付けて下さい(笑)】

 

フライが先行してしまっていますが、これだけハッキリとストライクが出ます

また抵抗が小さいので、マーカーをどんどん持っていってしまいます

不意の「ビックリ合せ」(笑)も

マーカー自体の伸縮性が、合わせ切れを防いでくれます。
 

細糸に慣れていない方でも安心です。

Copyright (c) Down and across All Rights Reserved.