フライフィッシング Q&A
【今さら聞けない?フライフィッシングの関する質疑応答​】

Question 1

ドライフライに反応しないライズは存在するのか?

(プレッシャーは除外して)

Answer 1

釣れるか釣れないかは、やってみないと分からないけど

水面のフライに反応しない(しにくい)ライズは存在する

case 1

魚が注視している水域が違う場合

フライを落とす際、一般的とされる距離よりも遠い水域で餌を探している場合がある

フライを落とす場所を、さらに上流に取り、フライのドリフト距離は長く取る

case 2

ライズしているから、といって水面のモノを捕食しているとは限らない

そもそも、魚の視線が水面に向いていない

最終的に水面で捕食した…という結果のライズ

Question 2

アウトリガーとルースニングによるニンフィングの違いは?

Answer 2

アウトリガーは、直接的なロッド操作により

ロッドティップからのラインテンションを絶やさずに

疑似的にナチュラルドリフトを演出する釣り方

 

サイトフィッシングなどで、魚の挙動を直接目視してストライクを取る場合を含め

フライ先行のドリフトになる事が多い

 

ルースニングは、そのロッドティップの役割をマーカーに任せる釣り方

ただし、マーカーにストライクが出るようにするには、フライは常に後追いのドリフトでないと駄目

Question 3

バーブレスフックは本当にバレやすいのか?

Answer 3

ファイト中にラインテンションが途切れなければ

早々にはバレるものでもない

 

バーブド・バーブレスに関係なく、慎重なやり取りでバラすこともあり

これはフッキングした時の雰囲気で、なんとなく察せる事が多くある

 

​なので、バラシの原因はフックのせいだけではない!と

考えた方が、最終的には

 

気が楽

…でないと、怖くてバーブレスが使えなくなるし

いまだバーブレスが使えない、という釣り人の大半は、この心境から脱せないでいるから

Question 4

フライとリーダー・リーダーとティペット・ティペットとフライ。お薦めの結び方は?

【注意】

フライラインのコアがブレイテッドの場合のみ有効です
 

Question 5

ストマックポンプって必要?! 魚に与えるダメージとは?

Answer 5

胃の内容物を調べることは

永遠に会話することが出来ない魚達の「真意」「思考」を推し量る上では

最も正確、かつ合理的な手段

自分の釣りの高みを目指していきたい、という方にとって

ストマックポンプは

必要不可欠

(残酷だと当方もいるけど、内容物を調べるために魚を殺して解体することに比較したら、全然優しい)

 

どんな虫が出ていようが、結んだフライに出れば関係ない…

​っていう程度の「自己完結型」釣りで満足な方には

全く必要はない

 

ダメージに関しては

殆どなし

(と言われているけど)ヤリ方にもよる

暴れる魚を押さえつけたり、無理やりチューブを突っ込むような行為は

ストマックどうのこうの言う前に

当然NG

 

正しいやり方を覚えることは当然のこととし…あとは

 

数をこなすことで、普通に上手になることです

逆に言うと、うまくやれる自信がない方は

無理にやらないことです

Question 6

♯2以下のラインは必要か?

Answer 6

使うことは充分可能

だけど

日本の一般的な中流域河川で想定される状況の全てに対応するには

いささか心細い

本流などで立ち込みながらの釣りだと、落としたラインが自分が立ち込むことにより発生する

「ヨレ」が原因でラインのキンクが発生することもある

上手に使えれば、かなり面白い釣りができるけど

それなりに気難しい面もあるので

玄人向き

Question 7

ルースニングマーカーにはどんなアタリが出るのか?

Answer 7

フライを咥えた瞬間のアタリはマーカーには、まず出ない

と思ったほうが良い

誰の目にも明らかな「引き込まれる」ような激しいアタリは

その大半が魚がフライに違和感を感じ、拒絶する時のリアクションによるもの

「上手くフライを吐き出し来れなかった魚」

が運悪く?フッキングしてる、とも言える

ルースニングで釣れてくる魚は、ドライフライやサイトフィッシング、リトリーブの釣りと比較して

口腔外にフッキングしてくる魚が意外に多いのは、そのせいと考えている

少しで長く魚がフライを咥えてくれていたり

フライを吐き出す際に、口腔内の何処かにフライが掛かってくれるように仕掛ける必要があり

そういう時に出る、かすかな魚信というのは

流れているマーカーが、ほんの一瞬だけ

 

「止まる」「遅くなる」

 

といった些細な変化のみである

この一瞬を見逃さずにセットフックを決めるのは

ある意味、ドライフライでフッキングさせる時より

 

気持ち良く感じる(笑)

Question 8

ライズが始まりました。どのタイミングでフライを流したら良いのか?

Answer 8

フライに、おおよその見当がついているなら

なるなべく早めに流す!

ライズの頻度は虫の流下量とシンクロする

まだ、流下が始まったたばかりで、ライズが​散発な時は

魚が積極的に餌を探し始めたばかりの状態

大きくレーンを外さなければ、向こうからフライを見つけに来てくれる

 

こんな願ってもないチャンスを

ミスミス逃す手はない

流下量が増え、魚があまり移動せず

定点で定期的にライズを始めてしまうと、かなり厄介

もうこうなると、膨大な流下量の前においては、フライはただのゴミ以下の存在に成り下がる

安定を待っていたら、散発のまま「ライズ終了」という事もあるので

 

とっとと流して決着させてしまうのは

 

もはや​、セオリーといっていいくらい

Question 9

​フタバコカゲロウのライズは、そんなに難しいですか?

Answer 9

難しいので

個人的には苦手

早く虫が変わらないかなぁ…と祈ってしまいます

ダンやスペントの釣りであれば、普通に対処できますが

ことイマージャーの釣りになると、その難易度は一気に上がります

フライとして「​やりたいこと」はあるし

たまたま釣れることはあっても、釈然としない部分が多くてスッキリしません

希望とすれば

水面直下で「サスペンド」した状態でドリフト可能なフライ

があれば、まだ何とか出来る気がします
​(個人的な意見でスイマセン)

Question 10

リーダーとティペットって、そんなに長くする必要があるの?

Answer 9

必要性については、個々の判断に任せるとして

フライから手前の糸(ティペット・リーダー・フライライン)に関しては

細くて長いに越したことはない

【ただし、先端までしっかり自分がコントロールできる範囲内で

これに異論を唱えるお師匠さんをもったお弟子さんは

​いたずらにハードルを上げられ、いらぬ苦労を強いられていると思っていい

​(まぁ、所詮は遊びなので選択は個々の自由です)

ロングティペットが普及し始めた頃の認識の一つとして

「フライをターンさせない為のシステム」であり「ターンオーバーさせては意味がない」と

当時の諸先輩方に言われたことがあります

で、実際にターンできないくらい長いティペットを使った釣りはどうなるか…というと

フライに出た魚達の大半が、ティペットを首に巻き付けた状態のスレ掛かりになり

また、風の日にはトラブルの連続で、どうしようもありませんでした

また、釣っていてもコントロール感が全くなく

全然面白くない

 

(だけど悲しいかな、それでも結構釣れちゃう)

 

流石にこれは違うなぁ

という結論に達しました

それ以降は、♯20くらいのフライなら無風状態、ホールなしで

ターンオーバー出来るギリギリのセッティングを導き出して使っています

(それが自分の場合には、だいたい19ft)

※着水後のメンディングは、基本なし

長いティペットの分「フライラインを曲げれば」ロングリーダー&ティペットは必要ない

と、おっしゃられる方も(未だに)見受けられますが

同じ置き方ができたところで

ラインの太さが受ける流れの影響を考えると、とても同じドリフトにはならない

 

ただ、そこをテクニックでカバーして釣る!

という視点は、当然ながら有り

Question 11

本流で尺ヤマメが釣れません。尺ヤマメを釣るコツなんてあるの?

Answer 11

目の前でライズしている魚を

手当り次第に釣っているうちは、多分釣れません

​(経験談)

尺ヤマメとの出会いを巡り合わせに期待しているうちは、なかなか釣れないモノですし

運良く掛かったところで

テンパって

バラすのがオチ

基本、本流の尺ヤマメは狙って釣るモノです

以前、渋谷さんと渡良瀬の尺ヤマメの話になった時

 

「●●橋から〇〇橋の間を、くまなく叩いた時、放流魚の尺(状態の良くない)は釣れたけど

写真のような、あんな尺ヤマメ(どうやら仲間が送った写真のような魚)が、本当に渡良瀬川で釣れるのか?」

という会話になりました

その際の僕の回答は

「魚は確かに居るし、写真の魚自体は嘘ではないと思うけど…

釣ってる場所はピンポイントで、そのポイントは恐らく教えてくれないと思います」

​(僕に相談してくれれば、ひとつくらいならポイント教えてあげたけど(笑))

つまり本流の尺ヤマメに限っていば

フライパターンや、テクニックだけで

どうにかなる問題ではない…ということ

釣れる場所(ポイント)が

 

ある程度決まってしまっているのです

「鮎は石を釣れ」と言いますが、僕は尺ヤマメも「石を釣れ」という考え方です

 

実際には、石が構成する「流れ」の方ではあるのですが

良いヤマメがツキやすい石(沈み石・浮石)毎年、良型が「付く」石というのは

 

確実に存在します

そういうポイントは

その付近で一番大型のヤマメが占有しているハズなので

ここで釣れなければ、ソレ以上のヤマメは望めない…って言っていいくらいです

余談ですが、一番良い流れでは、釣れてもスグに次の魚が入りますから

結構連続して釣れます

​(徐々にサイズは下がるけど)

釣り方としては

そのポイントで待ち伏せをして釣るだけなので

難しいことはありません

 

ただ当然のことながら

こういうポイントの情報は

ほとんど漏洩することはありません

(当たり前)

こればかりは自分で探すしかないです

人から教えてもらったポイントで釣っている以上は

 

「釣らせてもらったのだ」

 

と謙虚になって、あまり自慢しないほうが良いです(笑)

Question 12

​フローティングミッジピューパのポストに、白色のCDCは使えないのか?

Answer 12

スレた魚には、白いCDCよりナチュラル系の色目の方が良いと言われているけど

個人的な経験則では

かなり渋い状況

(ここで言うところの渋い状況とは、一般河川では考えられないくらいなハイプレッシャー下でのこと)

 

でも「白」でも充分に釣れているので

 

あまり関係ない

というのが持論

白という色は、自然界にはたくさん存在するので

この色に魚達が驚異や違和感を感じているというよりは、単にフライマンからみて「目立つ」=「良くない」

との考えが根底にあるように感じる

白いCDCは空の色に溶け込む可能性も高く

ステルス性は充分に期待できる

それよりも

魚の反応なんてCDCの量や、付け方によっても変わってくるし

白が異常に目立ってしまうようなシチュエーションや背景を考慮しないで

 

唐突に「白が良くない」というのは、少々乱暴な解釈ではないかなぁと思います

Question 13

​本物の虫が同時に流れて来ても、どうして魚はフライの方を選ぶのか?

Answer 13

本当のことは魚に直接聞いてみないと分かりませんが…

自分の場合には

「本物とは、ちょっと違う」

という要素が、逆に魚の目を引く…と解釈します

以前、軽井沢湯川の、とあるプールで迎えたイブニングライズのとき

アカマダラカゲロウのスピナーが埋め尽くする水面で、散発的に発生していたライズの主は

たった一本のフローティングニンフのフライを、あえて選ぶのですね

ハッチの過程において

例えばスティルボーンのような「失敗のスタイル」というは

実に様々な形状があるもので

捕食する側の都合から考えると、むしろ「完全体」よりも多様化した「不完全体」のほうが

捕食しやすい、というのであれば

こういった事象に関して、少しは納得できるかも知れない

コレとは逆に

本物が多過ぎることで

フライが全く相手にされない…なんてことも多いので、話は結構ややこしいです

難しいことは差し置いて

 

フライの方に出てくれる…という事実を

 

素直に受け入れ、感謝しましょう

Question 14

魚にとって、フライのゲイプの存在はどう見られているのか?

Answer 14

そもそも、フック(何もタイイングしていない状態)だけでも咥えてしまう事がある位なので

ゲイプの存在も、魚には認識されていると考えるのが普通

ゲイプの存在感を打ち消すだけの何か「別の要素」があれば

多分、簡単に相殺されてしまう程度のモノと思うし

そもそもゲイプ自体も

それが魚にとって「脅威」という認識をされていない限りは、さほど神経質にならなくても良いとは思う

Question 15

​ドロッパーやトレーラーにすれば、もっと釣れる?

Answer 15

試したことがないので分かりませんが、一本針よりは効率良く釣れると思います

 

ただし、一般河川でもC&R区間であったり、管理釣り場(冬期ニジマス釣り場)においては

レギュレーションにより禁止されているケースも多いです

トリプルフック不可・バーブレス・シングルフックの使用

 

としている釣り場では

一つに仕掛けに1本以上の針をつけるな!って事を、暗に言ってる場合もあるので

心配であれば、出掛ける際には必ず確認しておくことです

規則書によっては「ドロッパー」「トレーラー」といった文言が抜け落ちている事もありますが

だから=OKという解釈もあるけど

案外、漁協関係者が釣りのことを知らないだけで

ゆくゆく「禁止事項」としてレギュレーションに盛り込まれる可能性は高いと思います

ちなみに、僕のよく行く釣り場でもある

神流川C&R区間(上野村漁協)と同冬期釣り場及び特設区(本谷、中ノ沢)においては

ドロッパー、トレーラーは完全に禁止されています

(漁協さんに確認したトコロ、今季の規則事項から記載されています)

ドロッパー使用のチェコ・ユーロニンフ、ウエットをされる方は

レギュレーションに抵触することになるので注意して下さい

(やる場合にはC&R区間以外の一般区になります)

Question 16

ルースニングにおける、ショットとフライの距離はどのくらい離したら良いの?

Answer 16

エア釣りの

餌釣り、ルースニング共に、平均して20〜25cm程離す方が多いようです

 

基本、軽い重りにした場合には短く

重いオモリの場合は長く

という解釈であり

これは魚が餌を口に咥えた瞬間に感じる「違和感」を鈍らせる、誤魔化すという考え

また、軽い重りで距離を長く取ると、餌だけ流れに乗って吹け上がってしまい

アタリが取りにくくなる、とも言われています

ただし、ここまではあくまで一般論

 

僕の場合には、錘を軽くした上に、さらに距離も長く取る方向で考えています

勿論、こんなシステムではフライも餌と同様、流れで吹け上がってしまうわけなのですが

 

私的思惑としては

実際の餌(フライ)が吹け上がってしまう、というのは

とても自然な状態であるとも考えています

(吹けて困ると考えるのは、あくまで釣り人都合)

逆に、そんな状態で食わせることが出来れば、魚も早々に餌(フライ)も吐き出さないし

そうなればなったで、それなりの魚信は現れるもの

​と考えています

必ずでは有りませんが

その時の状況に応じて長く取ることは多々あります

長くした場合でも、ショットとフライが斜めで流れてしまう

(一直線上ではなく)と、石に巻きやすくなるので要注意です

Question 17

ニンフでのバラシを減らすには… 

Answer 17

エア釣りの

ドライフライのフッキング成功率が高いのは

魚がフライにアプローチしてくる角度が関係してくる

(魚がフライを捉えた時と、咥えて戻る時とでは角度が違うから、フッキングの成功率は高くなってしかり)

水中の場合には、魚が真正面からフライを捉えた場合

フライを(うまく)吐き出されてしまう可能性が出てきくる

ドライフライの場合には、浮上過程で既に角度がついているので

魚の頭上にフライを通すイメージで問題ないのだけれど

 

ニンフの場合には

魚の定位する位置から、ドリフトレーンを左右どちらかに(あえて)ズラして流す

 

このようにすれば「フライを咥えた直後」→「向き直る」ことで自然と角度が変わってくるので

フッキングの成功率を上げる事ができる

​成功率が上がればバラシの確率は自然と減少する

Question 18

魚が探せないんですけど(自分だけ見えない) 

Answer 18

 

一番の理由は、本人が「魚がどんな風に見えるのか、判っていない」

だから、既に見えていても、それが魚だと理解していないのが一番の原因

 

魚単体で探すと見つかりにくい

魚が好んで定位するレーン(水の流れや流速)というのは、大体決まっていて

慣れている方は、そういうところを無意識に観察する習慣が身についているので

案外スグに見るけることが出来

偏光グラスも重要ではあるけれど

常連でも「鬼クラス」になると、普通に裸眼で見つけたりする

Question 19

​ライズフォームで捕食している虫を断定できる?

Answer 19

 

おおよその予測としては良いが、思い込みは厳禁

ライズフォームと、実際に捕食されている虫のサイズやステージに、強い法則性は感じない

魚の捕食練度(スキル)や、そのときの心理状態で左右されることも多い

イレギュラーな羽化や

まだ魚が、その虫を食べ慣れていない…虫の動きが予測できていない

であろう場合には、割と派手なライズになることが多い

逆に日々、定刻で始まる羽化では

大概のライズは静かに吸い込むようなフォームになる

ガガンボ=スプラッシュライズ

という公式は、あくまでシーズン初期に多く見られる傾向であり

練度の進んだ、羽化期中盤以降のライズは、水面直下絡みのライズが圧倒的に多くなる

 

また、一度に大量に出る「ブユ」のアダルトの釣りでは

パニックに近いスプラッシュになる事もある

たまに、スプラッシュライズを「ライズの失敗」と解釈する方もいるが

実は全然そんなことはなく

実際には、相当にラフな出方に見えるものの

フライがマッチしていれば、かなりの確率でフッキングするもの

Question 20

アタリが続きません。

Answer 20

 

今まで順調に釣れ続けていたのに、パッタリと食いが止まってしまったら

フライを投げるのは一旦辞めましょう

さっきまで釣れていたから、といって

同じフライを延々と投げ続ける方が多いですが

​これが一番のNG

同じことを何度繰り返しても、ここからの好転はまず見込めません

 

魚は必ずフライは見ているはずなので

それで釣れない…というからには、何か理由があるのです

仕掛けを変える、フライを変える、流し方を変える、立ち位置を変える…などなど

 

何かしら、変えること

Question 21

ミッジングをやりたいのだけれど、適したロッドやリールを教えて。

Answer 21

 

使うフライに合わせ、使用するティペットやリーダーが決まり

そこからライン、というの順序で決めるのが

本来の正しいタックルの決め方

流れ的にはロッドやリールを決めるのは一番最後

例えば♯26のフライを使うことが前提なら、それを結ぶティペットは

アイの大きさからも大体決まってくる

(太いティペットはアイを通しにくかったり、結ぶとフライが固着したりする)

 

使える(使う気になる)9X前後のティペットになり

それらを結ぶリーダーとしては、パワーの伝達がスムーズな一段落としの(例えば)8X

(リーダー長さは自由)

これらのリーダーをしっかりターンさせる、もしくは合せた時にストレスを一点に集中しないようなバランスとして

♯1〜♯3くらいのフローティングラインあたりが決まってくる
​(後半に来れば来るほど選択幅は広がってくるので、そこは好みで選んで良いです)

それらのラインで、実際に釣るレンジを加味して

8〜9ftくらいのロッドを決まり、ラインキャパとロッドとの重量バランスで

最後にリールが決まる

Question 22

細糸だと切れちゃう

Answer 22

 

ミッジングのように、各パーツが繊細な場合は特に

システム全体のバランスが重要であり

仕掛けの一部分(細糸とか)だけを切り取って考えては駄目

ミッジだとフックが伸ばされる

ティペットが細いと切られる

というのは、使い方は勿論のこと

そもそもシステムのバランスが何処かのセクションで破綻している事が多い

 

太さの違うものを結ぶ

素材の異なるモノを結ぶ

こういった場合には

パワーの伝達がスムーズでないと

一番弱い場所に負荷が集中してラインブレークしやすい

例えば

メーカーセールスを鵜呑みにして強度優先でフロロカーボンティペットを選ばれる方も多いけど

切れにくいという感覚が、ラフな操作を助長しやすいし

結局のところ、フロロを結束しているナイロン側が切れてしまったり…

といったトラブルが起こりやすい

であれば

伸縮性の長けたナイロンを、長く取ることで衝撃の吸収をやわらげ

両端に掛かる負荷を軽減することになるので、結果として糸切れは起こりにくくなったりする

このように

かかる負荷を、どうやって分散せていくか…ということを考えてシステムを組んでいくことで

細糸は実践で使う事は充分に出来るものである

Question 23

結局ニンフは重い方が良いか、軽いほうが良いか

Answer 23

 

極論から言うと、どちらでも良い

複雑な流れや深い流れに付いている魚に、直接アプローチする場合

基本、フライは重いほうが効率が良い

ディメリットとしては、キャスティングが難しくなるのと

常にテンションを絶やさないために、スタイル的には竿下の釣り(提灯釣り)になる

また、魚が違和感を感じやすくなるのでショートバイトになりやすく

魚をスラせやすい

また、首を振った時にフックアウトもしやすい

 

 

重くした場合のディメリットが、全てメリットになるのが

フライを軽くした場合になるのだが

アタリ自体は出にくくなるので

難易度的には高くなる

Question 24

フライは小さい(ミッジ)とフッキングしにくい?

Answer 24

 

今までの経験で

そのように感じたことは一度も有りません

逆にフライが大き過ぎて(全長6cmくらい)弾かれたことは幾度もあります

 

「小さいとフッキングしないんじゃないかなぁ…」

というのは先入観以外、何物でも有りません

Question 25

本物の虫でも喰われる奴と喰われないヤツがいますが…

Answer 25

 

スレ度が上がってくると、魚は虫をよく観察するようになり

本物の虫でも「喰われるタイプ」と「喰われないタイプ」が出てきます

往々にして、喰われるタイプは

「ドリフト中に小刻みに動いているやつ」

サイズが小さいと遠目では見分けが付きにくいけど

​フライでは表現できない、微細な動きを見極めている可能性が非常に高いです

また、羽化直後のダンのステージでは

シャックが引っ掛かって羽化にもたついている個体

特にモゾモゾ動いているやつは、喰われやすく感じる


中型・大型のメイフライで集中羽化するタイプだと

この状態に陥っている個体は意外に多い

テール材にシャック(を模した何か)が付いているだけで

反応はかなり違うが面白いです

Question 26

マイクロドラッグとは

Answer 26

 

 

ドリフト中のフライに、微細に掛かるドラッグのこと

 

「ナチュラルに流している」のに、魚がフライに出ない場合に

良く使われる

 

ナチュラルドラッグの許容範囲

そのジャッジメントは、割と個人差が有るので

 

実際には

「ナチュラルに流している

つもりになっているのは当人だけ…と言うパターン

 

隣で見ていると「思い切りドラッグが掛かってるよね〜」ってことが殆ど(笑)


そんなドラッグが掛かったフライでも、うっかり出てしまう(笑)魚も結構居るので

そんなにシビアじゃないのかなぁ…という気はする

魚は完璧に食いに来ていても

ドラッグに対して補正はしてこないので

 

運良く掛けても

かなりの確率でバラすことになる

シッカリ咥えさせる、という意味では

ドラッグ回避(もしくは食いやすいドラッグ)は重要課題です

Answer 4

フライラインとリーダーはヒートノット

リーダーとティペットはエイトノット

フライとティペットはフリーノット

 

マッチザハッチの釣りでは、結束に時間が掛かるようだと、直接釣果に影響するので

どんな条件でも(雨、風、夕方)10秒台で完結できるのが、まず第一条件

​絶対強度より結束速度

Copyright (c) Down and across All Rights Reserved.